スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告    トラックバック(-)    コメント(-)

アメリカンチェリーが食べごろ

 2017-06-13
●ポリフェノールが豊富
 国内でさくらんぼと呼ばれているチェリーは、1500種類以上の品種があるといわれています。このうち、「アメリカンチェリー」は、アメリカが原産で、日本に輸入されているのはほとんどがビング(BING)種という品種です。濃い赤色の果肉が特徴的なことから「ダークチェリー」とも呼ばれます。アントシアニンをはじめとするポリフェノールが豊富に含まれ、活性酸素を抑える作用が期待できます。また、ビタミンCや葉酸、食物繊維なども取ることができます。

●2~3日で食べ切る
 5月ごろにビング種のカリフォルニア産が出回り始め、6月になると北部のオレゴン、ワシントン産が登場、7月下旬ごろまでシーズンが続きます。購入の際には、軸が青々としているもの、大粒で果肉につやとはりがあるものを選んでください。日持ちしないので、冷蔵庫の野菜室で保存して2~3日のうちに食べ切りましょう。甘みが強いのでそのまま食べるほか、タルトなどのスイーツに使うのもおすすめです。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類    トラックバック(0)    コメント(0)

変形性膝関節症

 2017-05-15
多く女性のお年寄りの方はひざ関節の痛みに悩まされています。これはよく知られているように軟骨がすりへってしまったことが原因です。日本人正座する習慣がある方が多く、正座すると、関節内圧が高くなって、その圧力によって膝関節包(膝を包み、安定させる物)が緩み、関節が不安定になり、内側に負担掛ることが多く、その為内側の軟骨がすりへって、膝変形性関節症になりやすい。
軟骨の表面はゆで卵のようにつるつるしていますが、長年使い続けた摩擦のせいでケバ立ってしまい、滑らかに動かず炎症・痛みがでるのです。
軟骨には「再生しない」という大きな特徴があります。硬い骨でさえ削られたり折れたりしても、時間とともにそのキズの表面には新しい骨の細胞が再生し、形作られていきます。これは骨の中にも血管が通り、血液が循環しているためです。
しかし、軟骨には様々なものを運んでくる血液の流れがありません。そのため一度キズがつくと、2度と再生できないのです。同じ成分を外から吸収して再形成する方法というのは、残念ですが今のところ医学的には証明されていません。整形外科的な治療法としてヒアルロン酸の注射があります。
これは関節内の摩擦を減らすためヒアルロン酸を注入し一時的にすべりをよくする方法です。ですがお薬が切れると再度痛みが起こってきます。炎症を起こすたびに膝に水がたまり、その度ごとに水を抜いてもらうといった治療を受けている方も多いと思います。

変形性膝関節症では疼痛により関節周囲の組織が 当院では関節周囲の組織の関節の動きを滑らかにする運動療法でのアプローチをしています。これは筋肉の働きを向上させることで、残っている軟骨をうまく使えるように機能を取り戻す方法です。炎症が引いてくれば、たまった水は自然に吸収されるようになります。
それでもかなり変形がすすみ、戻せない段階だと治療は難しくなります。超音波で見ると軟骨がほとんど残っていない状態で痛みを訴えていらっしゃる方もいます。できるだけ早い段階で治療を受けることが望ましいのです。

女性のお年寄りの多くはひざ関節の痛みに悩まされています。これはよく知られているように軟骨がすりへってしまったことが原因です。人種的にも特徴があり、O脚の多い日本人は内側がすりへることが多く、逆にX脚の多い欧米人は外側がすりへることが多いとされています。
軟骨の表面はゆで卵のようにつるつるしていますが、長年使い続けた摩擦のせいでケバ立ってしまい、滑らかに動かず炎症・痛みがでるのです。
軟骨には「再生しない」という大きな特徴があります。硬い骨でさえ削られたり折れたりしても、時間とともにそのキズの表面には新しい骨の細胞が再生し、形作られていきます。これは骨の中にも血管が通り、血液が循環しているためです。
しかし、軟骨には様々なものを運んでくる血液の流れがありません。そのため一度キズがつくと、2度と再生できないのです。同じ成分を外から吸収して再形成する方法というのは、残念ですが今のところ医学的には証明されていません。整形外科的な治療法としてヒアルロン酸の注射があります。
これは関節内の摩擦を減らすためヒアルロン酸を注入し一時的にすべりをよくする方法です。ですがお薬が切れると再度痛みが起こってきます。炎症を起こすたびに膝に水がたまり、その度ごとに水を抜いてもらうといった治療を受けている方も多いと思います。

当院では関節の動きを滑らかにする運動療法でのアプローチをしています。これは筋肉の働きを向上させることで、残っている軟骨をうまく使えるように機能を取り戻す方法です。炎症が引いてくれば、たまった水は自然に吸収されるようになります。
それでもかなり変形がすすみ、戻せない段階だと治療は難しくなります。超音波で見ると軟骨がほとんど残っていない状態で痛みを訴えていらっしゃる方もいます。できるだけ早い段階で治療を受けることが望ましいのです。

カテゴリ :未分類    トラックバック(0)    コメント(0)

交通事故によるむち打ちは習志野市にある京成津田沼整骨院にお任せ下さい

 2017-04-19

交通事故によるむち打ちは習志野市にある京成津田沼整骨院にお任せ下さい の続きを読む

ハリ 灸の治療なら習志野市にある京成津田沼整骨院にお任せ下さい

 2017-04-17
肩こり・腰痛・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー でお悩んでいるあなた是非お試し下さい、ただ今無料体験を実施しております。
「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。
詳しくは当院にお問い合わせください
当院ホームページ→ http://kts-21.com/
TEL047-454-9388
カテゴリ :未分類    トラックバック(0)    コメント(0)

交通事故治療は当院にお任せ!!

 2017-04-11

初めて交通事故を起こされた方、数回目の方、様々な方がいらっしゃいますが、交通事故は後遺症が残りやすいので、専門家による徹底的な治療をオススメいたします。

交通事故のなかで最も多いけがは、むち打ち症(頸椎捻挫)ですが、
受傷直後はあまり症状がでないことが多いので、病院でレントゲンをとっても異常なしと言われるのがほとんどです。
時間の経過と共に頸椎のズレ(その他、腰椎・胸椎のズレ)が起きそのため首の痛み・運動痛及び運動制限、後頭部・背部・肩・上腕部にも痛みが放散します。

しかも頭痛、吐き気、めまい、上肢のしびれ等も伴うこともあります。

交通事故の相手(加害者)が任意保険に加入していれば、その担当者が当院への通院手続きを速やかに行います。
また、現在行っているむち打ち治療で、治療時間が合わない等の理由があれば転院も可能です。
患者様に支払われる慰謝料や休業補償なども、他の医療機関と同じように支払われます。


当院への通院をご希望の方は当院に直接ご来院いただくか、お電話にてお問い合わせください。
http://kts-21.com/
TEL047-454-9388
カテゴリ :未分類    トラックバック(0)    コメント(0)
トップページへ次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。