スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告    トラックバック(-)    コメント(-)

寝違え

 2016-04-28
朝起きた時に首が痛い、とくに動かす際に痛みを強く感じる、痛い側に顔を向けない。このような状態をいわゆる「寝違え」「筋違え」と呼びます。

多くの場合は、不自然な姿勢で眠り続けた時に起こります。疲労や睡眠不足あるいは泥酔状態で眠ってしまうと、不自然な姿勢で寝続けてしまうことがあります。
 睡眠時の姿勢が問題で、首の関節や筋肉にかかっていた負担が原因の場合に生じると考えられています。
 
実は寝違えは寝ている間のみ起きるとは限りません。例えば、長時間一定の姿勢をとった際に、急に動かした時にも起こります。しかも、背中や他の部分にも起こります。

急に動かした際に靭帯や筋肉の損傷により急性炎症による痛みの総称です。

疼痛は僧帽筋・菱形筋・胸鎖乳突筋・肩甲上神経部などにみられます。

起こりやすい原因は様々ですが、筋肉や靭帯の緊張やコリによるものが多いです。ストレートネックや肩こり持ちの方にはよく起こります。頸部の緊張が続くと、肩や上肢にいく神経の通り道が頸部の筋肉で圧迫され、手のしびれを伴う場合もあります。

寝違えによる辛い症状は当院にご相談ください。当院独自の手技療法にて1~2回で症状が改善します。
 
習志野市 むち打ち等の交通事故治療
【京成津田沼整骨院】
千葉県習志野市津田沼5-11-13
TEL047-454-9388
スポンサーサイト

肩こりでお悩みの方は習志野にある京成津田沼整骨院にお任せください

 2015-10-19
首から肩にかけて大小様々な筋肉があります。
代表的な筋肉は僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋、胸鎖乳突筋などがあります。
横に寝ている時以外は、常に頭を支えるため、首や肩の筋肉は常に働いています。
筋肉が活動するためには、酸素と栄養が必要です。
酸素は血液を通して運ばれるため、筋肉の中の血管に十分な血液が流れていなくてはなりません。
血液が不足すると、筋肉は酸欠状態になり、乳酸などの老廃物がたまやすくなります。
筋肉が緊張と弛緩を繰り返していると、筋肉自体がポンプのように働いて、血行を促進します。肩こりの解消には血行改善が大切です。
筋肉が運動している時には、緊張と弛緩が繰り返しているので、血液が勢い良く流れますが、デスクワークなどで筋肉の緊張状態が長く続くと血行が悪くなり、肩こりを引き起しやすくなります。
当院では硬くなっている筋肉をほぐし、場合によってストレッチも行い筋肉の柔軟性を高め血行の改善をして、患者様一人一人に合わせた施術をし、開院して一年間でたくさんの患者様を治療させていただき、新患の方も半数以上ご紹介で来院されています。患者様のつらい症状を一日でも早く改善されるように、一生懸命治療を行っております。
お気軽にお問い合わせください。
http://kts-21.com/
TEL047-454-9388

肩こりでお悩みの方は習志野にある京成津田沼整骨院にお任せください

 2015-03-12
首から肩にかけて大小様々な筋肉があります。
代表的な筋肉は僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋、胸鎖乳突筋などがあります。
横に寝ている時以外は、常に頭を支えるため、首や肩の筋肉は常に働いています。
筋肉が活動するためには、酸素と栄養が必要です。
酸素は血液を通して運ばれるため、筋肉の中の血管に十分な血液が流れていなくてはなりません。
血液が不足すると、筋肉は酸欠状態になり、乳酸などの老廃物がたまやすくなります。
筋肉が緊張と弛緩を繰り返していると、筋肉自体がポンプのように働いて、血行を促進します。肩こりの解消には血行改善が大切です。
筋肉が運動している時には、緊張と弛緩が繰り返しているので、血液が勢い良く流れますが、デスクワークなどで筋肉の緊張状態が長く続くと血行が悪くなり、肩こりを引き起しやすくなります。
当院では硬くなっている筋肉をほぐし、場合によってストレッチも行い筋肉の柔軟性を高め血行の改善をして、患者様一人一人に合わせた施術をし、開院して一年間でたくさんの患者様を治療させていただき、新患の方も半数以上ご紹介で来院されています。患者様のつらい症状を一日でも早く改善されるように、一生懸命治療を行っております。
お気軽にお問い合わせください。
http://kts-21.com/
TEL047-454-9388

整体、骨盤矯正なら習志野にある京成津田沼整骨院にお任せください

 2015-03-04
証明写真などを撮る際、両目の高さが違ったり、頭がまっすぐにしているつもりなのにどち側に傾いたりすることはありませんか?また、立っている時、気づくと左右どちらかの足に体重をかけていたり、イスやソファーに座った際に足をいつも同じ足が上に組むことはないでしょうか。
人間が動かしている際はやある姿勢を保ている際は骨とその周りにある筋肉を動かすことで成り立っており、なので骨格バランスはとても重要な要素になります。

 体をまっすぐにしているつもりでも、知らず知らずのうちに前後・左右、またひねった状態などに体はゆがんでおり、ほとんどの人が体のどこかにゆがみを生じています。
また、ゆがむことによって、バランスを取っているとも言えます。では、いらっしゃる患者さん全てのゆがみを取らなければならないかというと、実はそうではありません。見てすぐわかるようなゆがみを持っている方でも、問題なく健康に生活を送っていることもあります。

 その痛みや症状の原因が骨盤や背骨のゆがみに起因し、基本的に筋肉バランスの調整だけでは回復が難しい状態の時に調整が必要となります。また、骨というのは必ず筋肉に付着しています。筋肉が硬く動きづらい状態のときに骨だけ無理やり位置を直しても、硬い筋肉にひっぱられて、直ぐに元の位置に戻ってしまいます。
そこで、当院ではほとんどの場合、骨盤などの矯正の前に、その周辺の筋緊張を取った上で骨格本来の位置に戻す手技を行っています。
 ただ矯正をしてまっすぐに直すのではなく、まずは体が正常な状態に近づきなるべく負荷をかけないようにし、矯正が一番効果的に効くような手法を使っています。矯正が必要か必要でないか、患者さんひとりひとりの状態に合わせてしっかりと診察した上で方針を決めています。

 当院の矯正は医療としての治療の一環ですので、治療的な捉えかたで行っています。
http://kts-21.com/

肩こりなら習志野にある京成津田沼整骨院にお任せ下さい

 2015-02-16
関節に無理な力が加わって、関節内の骨と骨とをつなぐ靱帯が伸びたり切れたり、あるいは関節を包む関節包が損傷することを、捻挫といいます。足首や肘や膝だけでなく、体内の全ての関節で起こります。




あなたの体の痛み(肩こり、腰痛、関節痛)もしかしたら捻挫かもしれない!!!



捻挫、打撲、挫傷は健康保険使えます。お気軽にお問い合わせください。
当院ホームページ→ http://kts-21.com/
トップページへ次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。