捻挫、打撲、挫傷は健康保険使えます

 2012-02-27
P1040400+-+繧ウ繝斐・_convert_20111029134911
キシリトールって?

●虫歯ケアの強い味方
 「キシリトール」は、シラカバやカシなどの樹木から採れるキシランという炭水化物から作られる甘味料で、砂糖に近い甘さを持っています。国内では1997年に厚生省(現・厚生労働省)によって食品添加物として認可され、次々とキシリトール入りのガムが登場。現在も根強い人気を保っています。甘味料でありながら、歯を溶かす酸が作られる心配がまったくなく、ダメージを受けた歯の修復(再石灰化)を促進。細菌の巣窟となる歯垢が作られないので虫歯菌の数も少なくなります。

●食後と食間にガム
 虫歯予防に役立てるためには、1日5~10グラムを3~5回に分けて摂ることが勧められています。きちんと歯磨きなどのケアを行った上で、毎食後と食間の1日5回、キシリトール入りの粒ガムを5分程度噛めば良いでしょう。噛むことで唾液の分泌が促進されて、歯を強くする効果も期待できます。ガムを選ぶ際は、糖質中のキシリトールの割合が50%以上であることを確かめ、砂糖などの糖類が使われていないかもチェックしてください。過剰に摂取すると下痢をすることがあり、また、カロリーも高いので、摂り過ぎには注意しましょう。

カテゴリ :元気の素    トラックバック(0)    コメント(0)
トップページへ次ページへ ≫