スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告    トラックバック(-)    コメント(-)

ストレッチのことなら習志野にある京成津田沼整骨院にお任せ下さい

 2012-05-30
スピーチを頼まれたら

●3分間1000文字が目安
 結婚式や歓送迎会などで、スピーチの機会が増える時季です。成功させるためには丁寧な準備が不可欠。事前に出席者の顔ぶれを確認して、場の雰囲気に合った話の内容を選んでください。自慢話やくだけすぎた話、批判、愚痴は禁物。話が重ならないように、他に誰がスピーチをするのかも確認しておくとよいでしょう。長さは3分程度が適当。原稿を準備する場合は、アナウンサーがニュースを読むスピード、1分間あたり300~350文字を目安に作成してください。当日まで、時間を計りながら何度も声に出して練習しましょう。

●「読む」のではなく「話す」
 当日は手元に原稿を用意しても構いませんが、終始紙面を見ながら話すことがないように注意。できるだけ暗記して、補助的に原稿を確認しながら、語りかけるようにしましょう。話のポイントだけを書いたメモを用いるのも一つの方法です。視線は出席者の間をゆっくりと動かすのが基本ですが、目が合って緊張する場合は、ゲスト席の後方の壁を見るようにすると視線が泳ぐ心配がありません。また、スピーチの予定がない場合も、急に頼まれた時のために話す内容ぐらいは決めておくと安心です。
スポンサーサイト
カテゴリ :元気の素    トラックバック(1)    コメント(0)
トップページへ次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。