スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告    トラックバック(-)    コメント(-)

ハイボルテージ療法

 2015-01-28
ハイボルテージ療法とは、欧米生まれの高電圧電流を用いる鎮痛効果の高い治療法としてしられ、最近では国内でも利用されるようになりました。
特徴 として電気治療による皮膚抵抗が低い為、ビリビリ感が非常に少ないので、電気の苦手な方でも比較的安心して治療を受けていただけます。また、従来の電気治 療に比べ短時間で痛みを軽減できる事から効果がその場で要求されるトップスポーツ選手の活躍する現場で用いられる事が多く、日本では新しい電気療法です。

ハイボルテージ療法の治療とは?
神経深部の筋肉に対して高電圧(150V以上)で短時間に電気刺激を加えることにより、

血流量が大幅に増大させることで各組織への酸素・栄養素供給を促進し、

同時に疼痛部位に留こうっている疼痛物質・疲労物質が血管、リンパ系を経由して排出することで症状を改善させ

ハイボルテージの4つの特徴
1・痛みの軽減

2・血行促進

3・短時間で治療箇所の奥まで到達

4・局所にピンポイントで治療ができる

一流のプロスポーツ選手をはじめ、野球、柔道、陸上などのオリンピック選手がケガの予防や早期回復の為、使用している最新の治療機器です。
スポーツ選手のスポーツ障害から一般の患者様の痛みの除去まで幅広く対応できます

このような方にオススメです。

◆ スポーツによる痛みでお悩みの方
  (ジャンパー膝、シンスプリント、肉離れ、野球肘・肩など)

◆ なかなか症状が改善されない方

◆ なかなか通院できない方

◆ いい治療をうけて早く治したい方





【マイクロカレント療法】
人間の身体にある微弱電流を通電させ、治癒の促進やスポーツ後の筋肉痛の軽減にも適応します。

W杯時、ベッカムが骨折をしこの治療をして2週間で治したことで有名です。
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類    トラックバック(0)    コメント(0)
トップページへ次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。