スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告    トラックバック(-)    コメント(-)

隠れ冷え性にご用心

 2015-11-06
●不調や病気の原因に
 「冷え性」とは、手足の先端や下半身、あるいは全身が冷えてつらい症状のことです。しかし最近は、手足は温かいのに内臓の温度が低下している「隠れ冷え性」の人が増えています。内臓が冷えると血行不良や免疫力の低下を招きがちで、肩こりや腰痛、慢性的な疲労といった不調が続いたり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったりします。冷えていると自覚がないために、気づかないうちに症状が悪化しているケースもあります。

●内臓の冷えをチェック
 隠れ冷え性は、冷たいもののとり過ぎ、薄着といった外的な要因に加え、不規則な生活やストレスによる自律神経のバランスの崩れが大きく関係しています。起床時に脇の下とおなかに手のひらを当て、おなかのほうが冷たい感じる場合は内臓が冷えている可能性が高いので、生活習慣を見直してください。冷たいものを控え、ストレスをため込まないように休息や趣味を楽しむ時間を取るようにしましょう。また、忙しくても入浴の際は湯船につかって身体を温め、運動を習慣にして血行を改善することも大切です。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kts21.blog.fc2.com/tb.php/572-dbc545f4
トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。